GMOアドパートナーズ株式会社の連結会社でインターネット広告代理事業を展開するGMO NIKKO株式会社は株式会社ノーマークと共同でGMOパフォーマンス株式会社を1月1日付で設立しました。

GMOパフォーマンスはアフィリエイトの広告運用と最適化業務を展開。 両社は2017年11月からの提携関係にありましたが、更なる強化に向けてGMOパフォーマンスを設立しました。

インターネットの広告市場は年々増加傾向にあり2017年のインターネット広告媒体は前年対比で17.6%も増加した1兆2,206億円にのぼります。アフフィリエイト広告に関してもインターネット広告媒体の8.6%のシェアを占め、今後の拡大も考えられています。(株式会社電通「2017年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」より

Advertising

GMO NIKKOは検索連動型広告ディスプレイや運用型広告を中心とした広告主の課題解決につながるマーケティングソリューションを提供し、株式会社ノーマークはアフィリエイト広告の最適化事業において業界でもトップクラスの実績やノウハウがあります。

今後は両社からの人材を共有しGMO NIKKOの営業力とノーマーク社のアフィリエイト広告の最適化ノウハウを融合させ、GMO NIKKOがこれまで得意にしてきたロウワーファネルに対するソリューションをさらに強化していくものとみられます。