インターネット広告業界を牽引する株式会社サイバー・コミュニケーションズ、およびビジネス分野でVR(バーチャルリアリティ)の活用促進を進めるナーブ株式会社は、VRコンテンツ内に動画広告を配信するVR動画広告プラットフォーム「VRトラベルAd」を共同で開発し、販売を開始しました。

「VRトラベルAd」は、ナーブが開発したVR端末「CREWL(クルール)」を活用し、旅行プロセスの旅前・旅中にピンポイントでアプローチできる新しい広告プラットフォームであり、旅行客のニーズに合わせた情報をタイミングよく提供することが可能です。 本サービス は、VR接客ソリューションを提供するナーブと、数多くの媒体社支援で培ったCCIの知見を生かして開発されました。

接客カウンターでクルールを覗くことで「VRトラベルAd」を視聴(写真はイメージです)

「VRトラベルAd」 では、VRコンテンツの間に広告を配信することで、消費者との強力なコンタクトポイントを実現。広告主は消費者にVRコンテンツを楽しんでもらいながら、自社のブランド体験を提供できるようになります。

Advertising

VRが消費者に提供する情報量はテキストや静止画、動画以上であり、実感を伴った仮想体験により消費者の期待感が高まり、購買活動を喚起する高い効果が期待されています。

「VRトラベルAd」では、360度動画を利用した広告と、2D動画を利用して映画館でスクリーンを見ているような感覚で視聴する広告の2パターンが用意されています。

「VRトラベルAd」 の第一弾として、2019年2月19日から、沖縄県沖縄市が提供する観光プロモーション映像としてH.I.S.国内営業所へ配信されます。