XTechとエキサイト、音声配信アプリ「Radiotalk」を分社化

XTech(クロステック)株式会社は、子会社のエキサイト株式会社と協業し、音声配信アプリ「Radiotalk」の運営チームを Radiotalk株式会社 として分社化しました。 同事業 はエキサイトの新規事業として2017年に立ち上げられました。

新会社設立に当たって同社は、スマホ接触時間の増加により可処分時間の奪い合いになっている中、耳の可処分時間が注目されていると言います。

<耳の可処分時間>

  • 通勤電車や徒歩での移動時間
  • ランニングや散歩などの運動時間
  • 仕事や勉強の作業時間
  • 家事や入浴など自宅で過ごす時間 など

エキサイトでは2017年から新規事業として、音声配信アプリ「Radiotalk」を提供してきくしたが、XTechの持つ新規事業創出のノウハウや人材を活用することで、音声プラットフォームのリーディングカンパニーを目指すとのことです。

Radiotalkの設立に際し、代表取締役の井上佳央里氏は「もっとも配信ハードルが低い音声配信サービスとしてスタートし、トークの総量を増やしています。今後はさらに話したくなる仕組みを作り、Radiotalkは話せば楽しくなる、聞けば楽しくなる世界を実現してまいります。」とコメント。

取締役の西條晋一氏は「音声配信コンテンツの用途や市場性には私自身も可能性を感じており、今後の音声配信プラットフォームとしての事業展開が楽しみです」と語っています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事