総合IT企業である株式会社エイチームのグループ会社Increments株式会社(以下、インクリメンツ)が24日、 最適なチームで最高の仕事をするためにチームで転職先を探す 、エンジニア転職支援サービス「Qiita Jobsを開始しました。

■Qiita Jobs リリースの背景

インクリメンツは、『エンジニアを最高に幸せにする』をミッションに掲げ、以前より技術情報共有サイトQiita※を運営。経済産業省が発表している「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によると2020年には「IT人材」が36.9万人不足すると言われており、エンジニアの需要は高まってはいるものの、供給が追いついていない状態が続いています。

このような状況で『エンジニアを最高に幸せにする』ためには、より自分に合った環境で働けるよう企業とエンジニアのマッチングを促進させることがエンジニアを取り巻く社会全体の生産性を上げると考え、会社ではなくチームで探す、エンジニア専用の転職支援サービス「Qiita Jobs」を開始しました。

※インクリメンツが運営する日本初のプログラマのための技術情報共有サイト。

Qiita Jobsの特徴

1.チームの仕事が詳しくわかる
Qiita Jobsではいわゆる会社の説明はなく、チームが開発しているプロダクトや利用技術、開発フロー、各チームメンバーの自己紹介といったチームの情報が、そのチームに所属するメンバー自身により登録されており、エンジニアとして仕事するうえで知りたい情報を深く知ることができます。

2.チームの人と実際に会話ができる
チームに興味を持ったら、そのチームで実際に開発しているエンジニアとチャットで会話をすることができます。いきなり面談するのではなく、まずチャットで気になることを質問、一緒に働くイメージを持てるかどうかが確認できます。

3.選考時に配属が決定。自分に合ったチームの一員になれる
Qiita Jobsでは、選考に通った場合、応募したチームに必ず配属されることを導入企業の方と取り決めています。Qiita Jobs上のやり取りや面接などを通して、お互いに理解が深まったメンバーのいるチームに配属されるため、安心して入社し開発に取り組むことができます。

■Qiita Jobs利用による企業側メリット

エンジニアが転職検討時に重視する開発チームとプロダクトを訴求することで、求職者と企業のミスマッチを解消します。また将来的には、Qiita独自のデータを活用した、求職者にも企業にもメリットがあるスカウト機能などを提供予定です。

■今後について

現在、QiitaおよびQiita:Teamは国内のエンジニアに広く使われるサービスに成長し、2019年3月時点でQiitaの月間アクセス数は590万UUを超えています。またQiita:Teamは 多くの企業の500以上のチームに導入、情報共有ツールとして活用されています。

インクリメンツは今後、今まで培ってきたサービス開発力とエイチームの持つ幅広い分野での事業開発ノウハウを組み合わせることで、QiitaおよびQiita:Team、Qiita Jobsの改善や拡大に努めるとともに、既存の情報共有サービスにとどまらず、今後様々なサービスの提供を通じて『エンジニアを最高に幸せにする』というミッションの実現に邁進していくとしています。

Qiita Jobs掲載予定の開発チーム一覧(一部抜粋)

4月24日現在、Qiita Jobsの導入を希望する企業はIT企業を中心に100社以上