株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(以下ADK MS)は国内の優良広告媒体を対象とした、オリジナルのプライベート・マーケットプレイス「ADK-PMP」の提供を開始することを発表しました。

インターネット広告市場では、ビデオ広告をはじめとした様々な広告フォーマットへの対応や各種データとの連携、ビューアビリティ、ブランドセーフティ、アドフラウドへの対策など、多様化する広告マーケティング課題への対応が求められています。

ADK MSは市場環境対応と広告主ニーズを最適化するソリューションを提供することを目的にプライベート・マーケットプレイス事業への参入を決定しました。

ADK-PMPは放送局の見逃し配信に特化しているため、高い信頼性とコンテンツ品質が担保されています。広告主へのブランドイメージの醸成への貢献が期待できます。

また、広告主の多様な配信ニーズに対応すべく、Date Chemistryが保有する「DC Catalyzer」が提供するWEB上での行動データやテレビ視聴ログデータなども合わせて活用します。

※DC Catalyzer:株式会社Data Chemistry(データ・ケミストリー)の保有するパブリックDMP
※テレビ視聴ログデータ:テレビメーカーより提供されるログデータ

■提供サービス名
「ADK-PMP(CU Package)」
■提携予定放送局
日本テレビ/テレビ朝日/テレビ東京/フジテレビ/毎日放送/朝日放送テレビ/関西テレビ など