21ジャンル57の専門メディアを運営する株式会社イードが29日、転職のプロが教える仕事や敬語のお役立ちサイト「マナラボ」の事業を株式会社スマートメディアより取得し、運営を開始したことを発表しました。

「マナラボ」は、社会人3年目以上の方を対象に、さらなるキャリアアップや生活向上を目的とした情報メディア。 20〜30代の社会人に向けて、会社生活に役立つ敬語の使い方やマナー、また転職する際の履歴書の書き方に加え、クレジットカードに関することやふるさと納税など、よりよいライフスタイルを送るための知識を中心に情報配信を行っています。「マナラボ」は2017年1 月に運営を開始し、2019年5月時点で、月間約200万ユーザー、300万PV規模にまで成⻑しています。

イードは、グループ会社を含め、IT、セキュリティ、リサーチ、ユーザビリティ、自動車・バイク、燃費・環境、エンタメ、ゲーム、映画、アニメ、キャラクター、スポーツ、教育、医療、ダイエット、マネー、地域情報、地方創生、EC・通販、ビジネスマッチング、メディアなど21ジャンル57の専門メディアを展開。専門メディア運営会社としての知見を活かし、「マナラボ」を通じて各業界や専門職の仕事内容、勤務形態、年収、必要とされるスキル、転職ポイント等の情報を配信し、今後も更なるメディアの価値向上を目指していくとしています。

Advertising

※Media Innovationは当記事中に登場する株式会社イードが運営しています