ユナイテッドは、SSP「adstir」にPhybbitが提供するAI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」の導入を開始しました。

SSP「adstir」は、アドネットワーク広告収益をSSPで最大化しつつ(イールドオプティマイズ機能)、RTB広告の競争入札を利用する事で更なる広告収益を得られるメディア向けの広告マネタイズプラットフォームです。サプライサイドにて国内スマートフォン市場で最大規模のプラットフォームとなっている他、コンサルタントによるメディアトレーディングデスク機能としての役割も広げています。

今回、導入した「SpiderAF」は、誰でも簡単にアドフラウド対策を行えるように自動化・非属人化に特化したAI搭載アドフラウド対策ツールです。アドフラウド(広告詐欺)とは、インターネット広告配信で人間がアクセスしたように見せかけて広告を表示させ、広告費を詐取する不正行為で、手口が年々高度化・巧妙化しており、日本でも認知度が上がっています。

Advertising

これまで不正IPの検知やメディア審査強化など独自のアドフラウド対策を行っていたadstirは、SpiderAFの導入によってアドフラウド対策への取り組みを強化。不正なアクセスを機械学習による検知エンジンではじき出すだけでなく、巧妙化したアドフラウドのデータを蓄積することでより最適な広告運用に活用できます。

「SHARED BLACKLIST MEMBERS(シェアードブラックリスト メンバーズ)」に参画

adstirは、国内大手ネットワーク各社のアドフラウドリストを共有する「SHARED BLACKLIST MEMBERS」に参画しました。「SHARED BLACKLIST(SBL)」は、SpiderAFが提供する広告配信事業者同士でアドフラウドの情報を共有するブラックリストで、広告業界の健全化を目指す日本初の新しい取り組みです。賛同メンバーはアドフラウド対策チーム「SBL MEMBERS」として、アドフラウド撲滅に従事します。

SBL MEMBERS

「SpiderAF監視チーム」による目視確認パトロールを行い、広告業界全体の基準でアドフラウド判断を審査します。今まではグレーだった人為的なフラウド判断の審査基準を一定に保ち、アドフラウド対策やブランドセーフティにつながる安全性の確保に努めます。

また、事前のアドフラウド対策を徹底。情報の共有によって不正・ブランド毀損サイト/アプリかどうかあらかじめ確認できる他、毎日何十億ものデータ解析、国内の過半数以上の広告配信事業者の参加によりブラックリストがさらに高精度になるとのことです。