ワンメディア株式会社はLINE Ventures株式会社、グローバル・ブレイン株式会社、株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ、ABCドリームベンチャーズ株式会社、みずほキャピタル株式会社の各社が運営するファンド及び、株式会社セプテーニ・ホールディングスを引受先とした総額4.2億年の第三者割当増資を実施しました。

さらに、動画クリエイターがデジタルスクリーンで活躍することができ、評価される仕組みづくりに特化したクリエイターネットワーク事業を開始することを発表しました。

資金調達およびクリエイターネットワーク事業立ち上げの背景

新たに調達した資金はクリエイターネットワーク事業へ投資。背景には、2014年から分散型メディアを運営する中で得た気づきがあるといいます。

ONE MEDIAアカウントからの情報発信(分散型メディア)では、 細分化された視聴者の興味を満たしきれない

②若者のための動画を作り続けるには、 制作側は万全な制作環境に加え、 インプット・アウトプットを常に更新していくことで新しい動画表現を提供し続けることができる

この2つの気づきをどのように事業へ反映させるかを考え、分散型メディアやブランデッドコンテンツ機能を大きくするのではなく、多種多様なクリエイターと協力し解決が可能であると至りました。

映画や広告、テレビなど様々な業界のバックグラウンドを持つクリエイターをネットワークし、SVODや各種SNS、OOHをはじめとするメディアでクリエイター自信の作品を配信できる機会を創出。さらに、動画業界に新たなエコシステムを形成することも目指します。

ONE BY ONEプロジェクトについて

ワンメディアは、資金調達後に開始するクリエイターネットワーク事業の第一弾として「ONE BY ONE」プロジェクトをスタートさせます。

映画監督やTVディレクター、CMプランナーなどのクリエイターをネットワークし、企画から制作・配信までを総合的にプロデュースするプロジェクトで 参加クリエイターは、ONE MEDIAの制作チームの一員として制作に携わり、各SNS・山手線まど上チャンネル・駅ナカOOH・VISIONをはじめとするONE MEDIAが用意した国内外の様々なデジタルスクリーンへ自身の動画を配信することができます。

ONE BY ONEプロジェクトは2020年5月までにクリエイター登録1000人を目指します。2019年6月からはLINE NEWS内「VISION」にて次の動画が配信されています。

ワンメディア 代表取締役 明石ガクトからのコメント

ワンメディア株式会社代表取締役 明石ガクトは下記のようにコメントを述べています。

「クリエイターが新しい時代にチャレンジするための、 プラットフォームを誰かがつくらなければいけない。 最初のキーワードは、 クリエイターとキャストのコラボレーションだ。

個と個が掛け合わさり、 エンパワメントされる。 
「ONE BY ONE」プロジェクト。 
1と1の掛け算を、 1で終わらせないためにONE MEDIAは存在している。 

あの日、 クリエイターとして生きていくことを諦めた僕が一番欲しかったものを、 14年の時を超えて届けよう。 
”For Creators”を合言葉に、 ONE MEDIAはチャプター2を開始する。」