広告運用のデータ収集をするサービス「HARBEST(ハーベスト)」を提供する 株式会社EVERRISEは今回、企業がHARBESTを活用して収集した運用データについて広告費の支払先を分析しました。

その結果、インターネット型運用広告の出稿先の50%がGoogleであり、年間の広告費は400億円をこえていることが判明しました。

なお、HARBESTには2018年の国内での運用型広告のうち約7%にあたる運用データが収集されています。

広告費の支払先トップ5

順位企業名広告費割合
1Google401億7000万円50.0%
2Yahoo!174億3000万円21.7%
3Facebook135億6000万円16.9%
4Twitter58億3000万円7.3%
5Criteo10億7000万円1.3%
HARBEST上で収集した運用データ内訳

HARBESTについて

マーケティングETLツールであるHARBESTは企業のマーケティングの高速化をミッションとしており、リスティング広告やSNS広告、アクセス分析など連携済みの多様なマーケティングプラットフォームから主にAPI連携によってデータ収集を自動で行います。また、希望の場所への出力を可能にしています。