オトナル、音声広告に接触したユーザーをリタゲで追跡できる広告商品を開発

“オト”×アドテクノロジーを活用したデジタル音声広告事業を展開する株式会社オトナルが、デジタル音声広告を聴き広告接触したユーザーを、ディスプレイ広告や動画広告といった運用型広告のリターゲティングで追跡することが可能な『デジタル音声広告 for リターゲティング』 を2019年8月20日より開始します。

記憶に残りやすく生活の隙間に入り込みやすい音声広告の特性を活かし、音によるネイティブな初回接触の後、リターゲティングによるユーザー獲得のための広告配信を連携させて配信します。

音声広告接触後は「ディスプレイ(静止画)」「動画」「音声」の3種類のクリエイティブを使い、ウェブとアプリへの広告配信でユーザーを追跡することが可能です。

聴覚に向けたデジタル音声広告は、視覚に向けた一般的なディスプレイ広告に比べてブランド想起が24%高く、広告理解の効果が28%高いというデータが出ています。

音声広告はスキップができず確実に再生されるためアドフラウドレス性*が高く、ブランド訴求を目的とした広告を確実にユーザーに届けられるという特徴があります。 その音声広告の特徴を生かし、消費者への初回接触は音声広告でアプローチを実施。

アプリのデジタル音声広告では、広告配信の聴取完了データが細かく取得できるため、音声広告に接触し100%最後まで広告を聴いたユーザーのみを追跡してリターゲティングを行うことができます。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事