方正、コンテンツ不正利用監視サービス「CosmosEye」サービス開始 ネット上の記事不正利用をAIパトロール

方正株式会社は、記事コンテンツがインターネット上に無断で転載されているかどうかをAIによって検知し、その類似度も判定するコンテンツ不正利用監視サービス「CosmosEye(コスモス・アイ)」のクラウドサービスを開始しました。

新聞社・通信社各社は報道コンテンツを契約したインターネットメディアにも有料提供しているが、無断で記事や画像を転載する事例も多く、コンテンツ販売の機会損失を招くなど大きな問題になっています。

同社が今回開発した「CosmosEye」は、調査対象の記事コンテンツを登録するとWeb上をパトロールし、無断転載の可能性のあるコンテンツを一覧化、AIによる自然言語処理によって元のコンテンツと対象コンテンツを比較し、100段階で類似度を判定します。

単一記事の調査のほか、継続して複数のコンテンツを無断転用している悪質なサイトを明示する機能もあり、パトロールは設定次第で、数か月から1年後まで継続して行えるとのことです。

ダッシュボード画面でパトロール結果を一覧化できる。
ダッシュボード画面でパトロール結果を一覧化できる。
比較元と比較先の文章で、どの程度同じ文章が用いられているか(例えば連続して同一する文章が何文字か)や異なる点をテキストを色分けして明示する。また独自の評点によって類似度100段階で評価する。
比較元と比較先の文章で、どの程度同じ文章が用いられているか(例えば連続して同一する文章が何文字か)や異なる点をテキストを色分けして明示する。また独自の評点によって類似度100段階で評価。

【方正株式会社 概要】
本社所在地:東京都文京区後楽2-3-19 住友不動産飯田橋ビル4号館
代表者:代表取締役社長 管 祥紅
電話番号:03-5803-6600(代表)

  • 関連タグ
  • AI
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事