デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下 DAC)が、自社で開発・提供するDMP「AudienceOne®」※において、インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供するCriteoの広告配信ソリューションとの連携を開始。これにより企業は、Criteoで配信する際に「AudienceOne®」が持つオーディエンスデータを活用し、フルファネルへ対応したダイナミック広告キャンペーンを効果的に展開できるようになります。

※Webサイトの行動データやCRM、広告配信結果、パネルアンケート結果などさまざまなデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した「新規顧客の獲得」から「既存顧客へのLTV向上」までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境を提供するプラットフォーム。

フルファネルへ対応した広告キャンペーンが可能に

Criteoは、ディスプレイ型のダイナミックリターゲティング広告配信や、プロスペクティング配信のためのプラットフォームを提供する企業です。ユーザーの行動履歴や興味関心などを機械学習し、最適なタイミングで最適な広告配信面に対してパーソナライズされた広告の配信を行う、という強みを持っています。

一方、DACの「AudienceOne®」は、月間4.8億ユニークブラウザと1億以上のモバイル広告ID、2兆レコード以上の膨大なデータを保有し、そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを提供。保有するデータは、「性年代」「年収」などのデモグラフィックデータや、約1,400種の興味関心データ(サイコグラフィックデータ) 、専門領域に特化した「AudienceOne®」パートナー企業から提供されたデータなど、ターゲティングに有益なデータから成ります。

Criteoによる広告配信では、CriteoのAIエンジンが行う機械学習により配信先を決定し、AIエンジンが最適と判断したユーザーに対し広告配信が行われています。今回の「AudienceOne®」との連携により、企業は「AudienceOne®」が保有するデータを活用し、より細密なエリアの制御や、属性、趣味嗜好、購買行動等のデータを踏まえた動的なディスプレイ広告の配信が行えるようになります。また、「広告主の商材と同じカテゴリに関心があると推定されるユーザー」、「広告主の商品購入者に類似するユーザー」、「広告主の商品購入率が高い地域に住むユーザー」など、さまざまな潜在層に対し、柔軟なアプローチが可能になるとしています。