アマゾンジャパン合同会社(以下、アマゾン)が12日、同社が主催するAlexaスキルコンテスト「Alexa Developerスキルアワード2019」の最優秀賞および各賞の受賞者を発表しました。

今回のスキルアワード2019は、ユーザーが何度でも使いたくなるような、魅力あふれるAlexaスキルの開発の場を提供することを目的として開催。継続性(ユーザーが何度でも使いたくなるスキル)、わかりやすさ(ユーザーが使いやすい音声インターフェイス)、独創性(アイデア・技術が独創的)を基準に審査が行われました。

今年で2回目となる本コンテストでは、100件を超える応募作品の中から、ゲーム、キッズ、ヘルスケア、シニアの4部門の賞に加え、APL(Alexa Presentation Language)を活用し、音声と画像を巧みに組み合わせたインターフェイスを創造したスキルには「マルチモーダル賞」が、独創的なアイデアを基に開発されたスキルには「クリエイティビティ賞」が授与されました。

今回の応募作品の特徴は、評価基準の一つである「継続性」を意識した、会話がデザインされているスキルが多数あったことです。ゲームスキルや、ウェブゲームをAlexaがナビゲートするといった、APLやSSML(音声合成マークアップ言語)を活用して独自の世界観を創造した斬新なアイデアもあり、スキル開発は新たなステージを迎えています。

「Alexa Developerスキルアワード2019」の結果の詳細は、開発者向けAlexaブログや、本日から10月9日までは特集ページでも閲覧できます。また、Alexaに「アレクサ、スキルアワード」と話しかけて、手軽に確認することも可能とのことです。

■Alexa スキルとは
Alexaスキルは、企業や個人の開発者が日本のユーザーのためにそれぞれの知識をAlexaに対応させ、様々な情報やサービスとして提供しているソリューション。ユーザーは手持ちのPCやスマートフォンなどの端末上でAlexaアプリ内にある多種多様なスキルの中から、利用したいスキルを選んで有効化することにより、Alexaで利用できる機能を自身のライフスタイルに合わせてカスタマイズできます。