大日本印刷株式会社(DNP)とソネット・メディア・ネットワークス株式会社(SMN)は、最適な広告枠の買付とプランニングを支援するサービス「Logicad for Publishers」(LFP)と「DNP BookAD for Publishers」(BFP)で、オープンソースプログラム「Prebid.js」によるヘッダービディングでの広告配信に対応します。

ヘッダービディングは、複数の広告配信企業(ビッダー)の間で公平に入札を行い、最も高い価格で入札された広告を優先的に広告枠へ提供し、配信する仕組みで、両社が対応したことで、媒体社が持つ広告枠への提供機会を向上させることができるといいます。

LFPとBFPの「ヘッダービディング」対応のイメージ

  1. Prebid.jsに対応しているWebサイトにユーザーが訪れ、広告リクエストが発生する。
  2. ビッダー各社で入札が行われ、落札案件情報が媒体社のアドサーバーに送られる。
  3. アドサーバー内で、2. の落札案件とアド内の案件で入札が行われる。
  4. 最終的に落札された案件がWebサイトの広告枠に配信される。