株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、コンテンツの著作権を管理し、コンテンツが利用されるたびに著作料がIP(知的財産権)ホルダーに還元されるシステム「IP Ledger」を開発したことを発表しました。

開発の背景

ゲームにブロックチェーン技術を組み込んだdAppsゲームと呼ばれるゲーム群は、ゲーム内のキャラクターやアイテムが資産性を持つため、既存のゲームとは異なるゲーム体験を提供できる手法として注目されています。

また、dAppsゲームはブロックチェーン技術を使用しているため、ゲーム開発の拡張性が高く、ゲーム内のキャラクターやアイテムが全く別のゲームでも使用できるという特徴があります。しかし、コンテンツの著作権管理や会社間での収益分配の取り決めといった現実的な問題を抱えており、IPホルダーからは2次流通市場での無断使用に対する懸念も挙がっています。

著作権の安全な管理、2次流通市場での取引のトラッキングが可能に

「IP Ledger」 は、 IPコンテンツの著作権を安全に管理し、著作権料が半永久的にIPホルダーに戻るシステムを提供します。 「IP Ledger」にIPコンテンツが登録されると、著作権トークン(NFT)が発行され、この権利を購入したdApps開発者は、購入したIPコンテンツを、自ら開発したdAppsゲーム内で発行・運営することが可能になります。発行されたIPコンテンツのブロックチェーン上での取引は「ProxyContract」によって追跡・監視され、売買手数料の一部が著作料としてIPホルダーに支払われます。

今後、 「IP Ledger」 によりdAppsゲーム市場へのIPコンテンツの流入が促進され、自由なコンテンツ開発の機会が生まれると期待されます。