fbpx

Glossom、FLUXと共同で、「GREE Header Bidding」を提供開始

グリーグループのGlossom株式会社が、株式会社FLUXとの共同事業としてメディアの広告収益最大化を支援する「GREE Header Bidding( グリーヘッダービディング)」の提供を開始します。

Glossomはメディア向けのサービスとしてSSP「アドフリくん」、DMP「QUANT」、またそれらのテクノロジーを駆使した広告収益化のコンサルティングサービスを提供しており、今まで10,000を超えるウェブ/アプリメディアの収益最大化を支援してきました。今回、新たに「GREE Header Bidding」の提供を行うことで、ヘッダービディングでの広告配信にも対応します。

ヘッダービディングは、複数の広告配信企業(ビッダー)を同時にオークションにかける事により、メディアにとって最も高い広告が落札される事を可能にするアドテクノロジーです。GREE Header Biddingは、複数のSSPをあらかじめ搭載しているため、メディアはSSP各社との契約が不要となり、導入までの工程をほぼ同社が支援するため、最小限の工数で導入が可能です。

また、Glossomがすでに提供しているDMP「QUANT」によるメディア分析サービスや、純広告タイアップレポーティングサービスと合わせて、プログラマティック広告領域にとどまらないメディアの価値の収益化支援を行います。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

不透明な時代に団結するメディア人たち【Media Innovation Newsletter】5/16号

新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、メディア企業に大きな打撃を与え、ニューヨーク・タイムズは12月に3万7000の職が失われたと報じました。また、Poynterはコロンビア大学と共同で、どの地域で職が失われたかというマップを公開していますが、全国に広がっている事が分かります。

ソーシャルメディアの最適な投稿時間は? 最新の調査結果が明らかに

米国においてソーシャルメディア・マネジメ...

ポートの通期は増益ながら積極的な投資で赤字、今期は黒転予想

ポート株式会社が13日に発表した2021年3月期...

お知らせ

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事