グリーグループのGlossom株式会社が、株式会社FLUXとの共同事業としてメディアの広告収益最大化を支援する「GREE Header Bidding( グリーヘッダービディング)」の提供を開始します。

Glossomはメディア向けのサービスとしてSSP「アドフリくん」、DMP「QUANT」、またそれらのテクノロジーを駆使した広告収益化のコンサルティングサービスを提供しており、今まで10,000を超えるウェブ/アプリメディアの収益最大化を支援してきました。今回、新たに「GREE Header Bidding」の提供を行うことで、ヘッダービディングでの広告配信にも対応します。

ヘッダービディングは、複数の広告配信企業(ビッダー)を同時にオークションにかける事により、メディアにとって最も高い広告が落札される事を可能にするアドテクノロジーです。GREE Header Biddingは、複数のSSPをあらかじめ搭載しているため、メディアはSSP各社との契約が不要となり、導入までの工程をほぼ同社が支援するため、最小限の工数で導入が可能です。

また、Glossomがすでに提供しているDMP「QUANT」によるメディア分析サービスや、純広告タイアップレポーティングサービスと合わせて、プログラマティック広告領域にとどまらないメディアの価値の収益化支援を行います。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました