書籍の再販流通などを行う株式会社ニューブックと富士ゼロックス株式会社は、「BookStoreS.jp」において、コンテンツデータのセキュア環境での保管・るようについて新たな仕組みを構築することに同意しました。

BookStoreS.jp」とは、簡単にPOD(プリントオンデマンド)書店を開設できるECプラットフォームで、コンテンツオーナーが印刷データを入稿する事により、1冊から受注、印刷製本、発送が可能です。

今回の合意概要は以下になります。

  1. コンテンツオーナーが、BookStoreS.jpに入稿するPOD印刷用データは、富士ゼロックスが提供するクラウド型文書管理サービスに格納され、セキュアな環境で保持される。
  2. BookStoreS.jpで提供されるECサイト上で注文が成立すると、富士ゼロックスが提供する印刷ワークフロー管理ソフトウエア「Production Cockpit 2.0」を通じてネットワークされた印刷会社の中から、当該商品の生産に必要となる設備を保有し、かつその時点で印刷・受注要件が合う印刷会社とマッチングを行い、印刷製本業務が発注される。

今後はニューブック、富士ゼロックスに加えサービス参画を検討する印刷会社とともに構築と検証を進め、2020年5月にこの機能のリリースを目指すとのことです。

本サービスの実現により、購入者は1冊から数千冊の注文まで対応が可能となります。また、コンテンツオーナーにとっても、これまで出版の対象とならなかったコンテンツを書籍の形で世の中に提供する事が可能になるというメリットがあります。さらに印刷会社は、自社が保有する設備・リソースの生産余力を有効活用が可能です。

ニューブックはサービスに参画する印刷会社とこれらの業務ジョブシェアリングを行うことで、様々な需要に対応できる体制を構築できるようになります。