AI特化型メディア「Ledge.ai(https://ledge.ai)」を運営するレッジは、AI活用事例の検索プラットフォーム「e.g.(イージー)」を開発し、Open-β版を11月18日にリリースしました。e.g.は国内外のAI活用事例を網羅的に集め、分かりやすく解説した検索プラットフォームです。ユーザーは事例を無料で検索・閲覧・保存することができ、事例掲載企業への問い合わせもe.g.上で可能です。

企業がAIを自社のビジネスに導入する際、必ずと言っていいほど、まずは先行する他社の事例から探し始めるのが常です。しかし、これまでAI事例はそもそも世に出ている数が少なく、また網羅されていないため、担当者はメディアを見たり、セミナーに参加したりすることでしか事例を探すことができませんでした。そのようなニーズを踏まえ、AI活用事例がひとつのフォーマットに統一されており、かつ検索作業もひとつのプラットフォーム上で行えるようにする。

現在の掲載事例数は400ですが、AI活用事例の増加に伴い、事例掲載数もさらに増加させ、AI導入を検討している企業をサポートしていくとのことです。e.g.への事例掲載や、事例を踏まえたユーザーからのAI活⽤の相談に乗っていただけるパートナーも随時募集中だとのこと。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました