fbpx

「GAFAやBAT対抗の第三極を」「ALL JAPANで連携を呼びかけたい」―ヤフー・LINE経営統合

ヤフーとLINEの経営統合を後押ししたのは、GAFAと呼ばれる米国のテックジャイアントであり、BATと呼ばれる中国のテックジャイアントでした。これらとは異なる「日本、アジア発の第三極を作りたい」という言葉は記者会見中、何度も繰り返されました。

ヤフーの川邊社長は「GAFAの最大の強みは、ユーザーに支持されるプロダクトを作れることです。ただし、それはグローバル基準のプロダクトです。どうしても日本に最適化されたサービスは作ってくれない。そこで、日本の課題にフォーカスした国産のサービスをきちんと展開できるプレイヤーが必要です」とコメント。一方のLINEの出澤社長は「インターネットサービスは集約されやすく、気付いた時には身動きができなくなっている」といち早く取り組む理由を補足しました。

また、他のプレイヤーにも連携を呼びかけるのか? という質問に対しては「様々な連携を呼びかけていきたいと思っています。ALL JAPANとして、非IT企業とも協力をしていきたいです」(川邊氏)としました。

また日本発でのGAFA、BATとの対抗軸という点で会見でも強調されたのは、プライバシー保護とサイバーセキュリティ強化です。彼らのデータ利用について世界的に懸念が高まる中で、両社は「お客様のサービス利用を通じて生まれたデータは、お客様のもの」と明確にし、日本の法令に基づいて適切にデータを運用することを約束しました。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事