株式会社ヴァリューズが、一般ユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、2019年1月~10月のWebサイトのアクセス数及びスマートフォンのアプリの起動数を調査・分析し、結果を発表しました。この調査は、全国のヴァリューズモニター(20歳以上の男女)を対象に行われました。

ヴァリューズは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する企業です。

Webサイトの年間トップはGoogle、2位にAmazon、3位に楽天市場

2019年のWebサイト訪問者数上位は、検索エンジン「Google」がトップ。2位は「Amazon」、3位は「楽天市場」とショッピングサイトが続きました。この上位3サイトには、PCとスマートフォン合わせてのべ1億人以上がサイトを訪れており、日常的に利用されていることがわかります。

4位「Yahoo!JAPAN」、7位「Yahoo!ニュース」、11位「Yahoo!ショッピング」など「Yahoo!関連」サイトが複数ランクインしており、Yahoo!の根強い人気がうかがえます。動画配信系サービスでは、唯一「YouTube」が8位にランクインしました。

東京五輪の公式サイトやビジネスマン向けメディアのユーザー数が急伸

2018年と比較したユーザー増加数ランキングでも「Google」がトップとなり、検索ニーズが一層高まっていることがわかります。カテゴリとしては、メディアが数多くランクインしており、特に「Smartザテレビジョン」や「FNN.jpプライムオンライン」といった芸能・テレビ番組関連メディアの躍進が目立ちます。

また、2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控え、公式Webサイト「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」が上位にランクインしています。新興のメディアプラットフォーム「note」も上位にランクイン。他にも、ビジネスパーソン向けWebマガジン「TRANS.Biz」が大幅にユーザー数を増やしており、『まずはネットで検索して調べてみよう』というビジネスマンの検索ニーズを反映していると言えます。

アプリのトップは「LINE」、利用ユーザー数は1億人に迫る勢い

スマートフォンアプリの「実際によく使われているアプリ」ランキングでは「LINE」がトップに。利用ユーザー数は約9300万人と1億人に迫り、2位の「Twitter」を大きく引き離しています。4位には「Facebook」、6位に「Instagram」がランクインし、アプリではSNS系が上位を占めました。

「PayPay」などスマホ決済アプリが大幅躍進

昨年と比較して利用者数が伸びたアプリの調査では、トップはスマホ決済アプリ「PayPay」でした。2018年10月にサービスを開始したため、2019年の前年比は驚異的な伸び率となっています。総額100億円をユーザーに還元するプロモーション『100億円キャンペーン』や消費税増税に伴うキャッシュレス・ポイント還元事業も追い風となりました。

通信キャリア系決済アプリの「d払い」も前年比が約4倍に。「楽天ペイ」、「Google Pay」などスマホ決済アプリや、「セブン-イレブン」、「ローソン」などのコンビニ公式アプリもユーザー数を伸ばす結果となりました。

ヴァリューズではリサーチ&プランニング情報を提供するオウンドメディア「マナミナ」も運営しています。