株式会社オプト(以下オプト)は、運用型広告の実績をAIで分析し、考察の作成までを自動で行うことができるツール「Literalporter(リテラルポーター)」を独自開発しました。

これまで運用型広告において、施策と実績の因果関係を適切に抽出・分析し、その結果の考察まで作成するには、多大な時間が必要でした。

今回開発された「Literalporter」では、大量かつ複雑な媒体データや運用実績の変動の要因をAIで抽出・分析し、運用実績の考察までを自動化することに成功。これにより、運用実績のレビュー作成にかかる工数を大幅に削減することが可能になります。また、自動で作成される考察内容については、トップコンサルタントのナレッジをもとに数千通りの考察が作成されます。

また、オプトでは今後、過去の広告運用施策の数値変動要因の分析から、適切な運用改善施策を自動提案するレコメンド機能の開発を予定しています。