fbpx

LINEのAI技術を利用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」の提供を開始

LINE株式会社(以下:LINE)は、LINE BRAINのAI技術をNAVER Business Platform Corp.に提供し、「LINE BRAIN CHATBOT」、「LINE BRAIN OCR」のSaaS提供を2020年1月23日より開始すると発表しました。

LINEは、AI技術を外部企業に向け提供するAIソリューション事業「LINE BRAIN」を2019年7月に開始し、チャットボット技術、音声認識技術等の提供を通して企業の生産性やサービスの利便性等を高めてきていました。

「LINE BRAIN CHATBOT」は、最新の機械学習アルゴリズムと自然言語処理技術に基づく強力な対話エンジンによって、業界最高水準の正答率を誇るAIチャットボットです。エンジンは多言語に対応しており、特に日本語のほかに英語、韓国語に強みを持っています。また、LINE公式アカウントやLINE Pay決済など他のLINEサービスとの連携をスムーズに行うことが可能です。

LINE BRAIN CHATBOT のプラン詳細

「LINE BRAIN OCR」は、国際会議ICDAR(文書解析と認識に関する国際会議)で4分野において世界No.1の認識制度を獲得しており、フォーマットが定まっている書類だけではなく、あらゆるスタイルの書類や画像を正しくテキスト化することが可能です。

LINE BRAIN OCR のプラン詳細
2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ローカル情報を重視するFlipboard、1000以上の都市をカバー

ニュースアプリのFlipboardは昨年10月か...

【東映】意志ある人にチャンスあり。エンタメが好きな気持ちを信じ、仕事に・・・メディア就活最前線 #6

東映株式会社は、創立以来3千本以上の映画作品、2万タイトル以上のテレビ作品を世に送り出してきたほか、「総合コンテンツ企業」として現在は14の事業領域を積極的に展開しています。新型コロナウイルスの影響下でもコンテンツの新しい届け方に挑戦しています。

お知らせ

関連記事