ニールセン デジタル株式会社が、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー」のデータをもとに、2019年の12月の日本における無料/有料動画アプリの利用状況を発表しました。

無料動画、有料動画ともにスマートフォンからの視聴が大半を占めることから、スマートフォンアプリの利用状況に着目し、動画視聴動向を分析しています。

有料動画の利用は 40%増加

2019年12月におけるスマートフォンアプリからの無料動画、有料動画の利用者数(上位5アプリを集計)をみると、無料動画は6%増加し4,886万人、有料動画は40%増加し1,170万人となりました。(昨年同月比)

有料動画の利用が増えた要因としては、有料動画サービス各社がオリジナルコンテンツに力をいれ、日本独自のコンテンツも充実し、スマートフォンでの視聴環境が整備されたことも河岸が得られます。利用の増加率も年々増えており、2020年以降も利用者が拡大が期待できるとレポートでは発表しています。

有料動画アプリは女性利用者が急増、「Amazon Prime Video」が人気を牽引

各動画利用者数は、無料動画アプリ・有料動画アプリともに女性の利用者が多い結果となりました。女性の利用者数増加を牽引しているのは「Amazon Prime Video」で、昨年同月から59%増加しています。同サービスは男性の利用者が多いことが特徴でしたが、女性との利用者数の差が年々縮まっていることから、視聴傾向が変化していることが伺われます。

アプリ使用は1日1回以上、男性の方が多い傾向に

無料動画アプリは利用者数が多いだけでなく、利用回数も有料動画アプリより多い結果となっています。無料動画アプリの利用者数は女性が多かったのに対し、利用回数と時間は男性が上回っています。一方、有料動画アプリは女性のエンゲージメントが男性より高くなっています。

有料動画アプリのサービス1位は男女とも「Amazon Prime Video」

有料動画アプリでもっとも人気があるのは男女ともに「Amazon Prime Video」で、利用時間の約60%を占めています。2番目に利用が多いのは、男性は料金が高い分コンテンツも多い「U-NEXT」、女性は海外ドラマやオリジナルコンテンツが充実している「Netflix」となっており、それぞれが好むコンテンツによって利用するサービスが選択されていることがわかります。