エアトリの子会社、インバウンドプラットフォームがFAST JAPANの「Tabiko」を事業譲受

株式会社エアトリの子会社である株式会社インバウンドプラットフォームは、FAST JAPAN株式会社より訪日観光客向けのチャット型コンシェルジュアプリ「Tabiko(タビコ)」を事業譲受しました。

事業譲受に至った経緯

Tabokoの主要ユーザはタビマエからタビナカに集中していて、インバウンドプラットフォームが運営する訪日観光客向けポケットWi-Fiのレンタルやキャンピングカーのレンタル、両替店舗への送客強化とタビナカのカスタマーサポートの強化が期待されています。

また、インバウンドプラットフォームが運営する訪日観光客向けのWEBメディアとの連携により、パーソナライズされた情報をダイレクトに届けることが可能に。お客様のニーズにマッチしたレストラン、アクティビティなどの販売強化が期待されます。

Tabikoは2020年3月18日にUI/UXのリニューアルが実施されました。今後も利用者の利便性を強化し、安心して快適な旅行が楽しめるように取り組むとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事