fbpx

カンファレンスをオンラインで実施するためには? Spliceがノウハウを公開

オンラインイベント「Splice Low-Res」を開催したアジア圏最大級のメディアスタートアップ・カンファレンスであるSpliceは、イベント開催後に事後レポートを公開。どのようにしてイベントをオーガナイズしたのか解説しています。

記事によると、オンラインイベント開催に当たり最も大切なことは「何を必要としているか」を見極めることだといいます。コミュニティを重要視しているSpliceにとって参加者の登録は必須でした。

メールの登録者数はシンプルな数字の問題ではなく、特定のターゲットにリーチできているかをとくに注視しています。万が一ターゲットにリーチできていなくても、継続的にオンラインイベントを実施していくにあたり、メールアドレスを活用して繋がりを保つことは重要です。

さらに、今回のイベントにおいて彼らが必要(Essential)・あると良い(Nice to have)・不必要(Not essential)と考えた項目について説明しています。

まず彼らにとって必要不可欠であったのが、ブランド構築、参加者の登録、Q&A、コミュニティ・エンゲージメント、マルチソース・インプット、ビデオ・アーカイブの6つです。

ブランド構築では、明確なゴールを設定し将来のイベントに向けてテンプレート化することが重要です。さらに、参加者の登録によりメールアドレスを収集、次回のイベントに活用します。Q&Aでイベント中の質問応える際は、質問やコメントをビデオ・フィードに写して、アーカイブに取り組むことが大切です。

イベント後は、プレゼンテーション資料を配布し、1対1でコミュニケーションを心がけることが、コミュニティ・エンゲージメントには重要としています。さらに、YouTubeやその他の動画サイトへイベントの様子をアップすることで、アーカイブする事も大切です。

さらに必須ではないが、あると良いもの(Nice to have)として、複数のプラットフォーム、KPIを挙げています。

ちなみに開催されたイベントのアーカイブはこちらに公開されています。

※この記事はSpliceに掲載されたものを参考にしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事