fbpx

SNSマーケティングの予算は増加傾向も、運用リソース不足が課題・・・ガイアックス調査

株式会社ガイアックス(以下:ガイアックス)が運営する日本最大級のSNSマーケティングメディア「ガイアックス ソーシャルメディアラボ(https://gaiax-socialmedialab.jp/)は2日、2020年3月11日~16日の期間で実施した「SNSマーケティング最新レポート:企業のSNS担当者150名への独自調査」の結果を公表しました。

SNSマーケティングにおける予算は増加傾向

2020年の年間予算についてでは、68社が昨年と比べ「増える予定だ」、65社が「横ばいの予定だ」との回答でした。企業規模に関わらず、SNSマーケティングにおける予算は昨年と比べ増加傾向にあります。

注力したいSNSは「Instagram」と「Twitter」が上位

「今後、SNSマーケティングでもっと注力したい媒体は何ですか?」の設問では、「Instagram」、「Twitter」の回答がともに70社を超え、他のSNSを圧倒的に上回る結果となりました。

「運用リソース不足」が課題

「SNSマーケティングをおこなう上で、課題を教えて下さい。」の設問では、運用リソース不足との回答が60社を超え、最多となりました。

この調査結果より、2020年においても、企業のSNS運用は増加傾向が続いていくことが読み取れます。また、今年は新型コロナウイルスの影響で、柔軟、かつ双方向のコミュニケーションが可能になるSNSの可能性がより試される年になると考えられます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事