Voicy、オリジナル音声コンテンツを制作するコミュニティ「クリエイターズラボ」の立ち上げメンバーを募集開始

株式会社Voicyは、オリジナル音声コンテンツを制作するコミュニティ「クリエイターズラボ」発足のためのコミュニティ立ち上げメンバーの募集を開始しました。「クリエイターズラボ」のメンバーが企画、運用、パーソナリティを担当する放送が、新しいVoicy公式チャンネルとして放送されます。

 「Voicy クリエイターズラボ」では、リスナーの多様な感情やニーズ、聴取スタイルに合わせたコンテンツを提供し、より多くの人に音声コンテンツを楽しんでもらうことを目指して、Voicyと一緒に音声コンテンツを企画したい人、またパーソナリティとしてチャンネル作りに関わりたい人をメンバーとして募集しています。クリエイターズラボのメンバーが企画、運用、パーソナリティを担当するチャンネルは、新しいVoicy公式チャンネルとして、ボイスメディアVoicyで放送予定です。

このラボでは、Voicyパーソナリティや外部で音声コンテンツを制作している人による勉強会を実施、パーソナリティとして知っておきたい発声や原稿読みの基礎学習や音声コンテンツの事例が共有されます。

企画から放送までに隔週1回、オンラインブレストミーティングを行い、毎週金曜日に任意での企画提出、翌週水曜日に企画審査の結果を発表し、発表翌週水曜に放送が開始。月に1回も開催されます。「Voicy クリエイターズラボ」の期間は2020年5月~8月の4ヶ月間で、価格は月3,000円です。応募は2020年4月21日(火)23:59までとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事