サイバーエージェントがエンタメ産業収益化のデジタルシフト支援専門会社「OEN」を設立

株式会社サイバーエージェントはエンターテインメント産業における収益化のデジタルシフト支援を専門に行う子会社として、株式会社OEN(オーイーエヌ)の設立を決定しました。2020年4月27日に設立することになっています。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ライブや公演など多くの興行が中止となっています。リアルな現場での活動自粛が続くなか、OENは高品質なライブ配信やチャンネル月額課金での動画配信、プロジェクト支援(投げ銭)、オンラインサロン、EC物販といったエンターテインメント産業のデジタルシフトを推進し、新たな収益機会の創出を応援していきます。

サービスはアーティスト、スポーツ、格闘技、演劇などさまざまなエンターテインメント産業における幅広い分野に提供していくとのことです。

サイバーエージェントグループではテレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」において「メトロック2019 独占生中継!」、「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 5th LIVE@AbemaTV《SIX SHOTS UNTIL THE DOME》」といった数々のアーティストライブの配信を手掛けてきました。OENではそれらのノウハウを活用し、サイバーエージェントグループが提供するプラットフォームはもちろん、他社が提供するプラットフォームなどの活用も含めた収益機会の創出を総合的に図り、エンターテインメント産業を応援していくとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事