FiNC Technologiesの第7期は47億円の純損失、減資も

ヘルスケアベンチャーのFiNC Technologiesが第7期の決算を官報に公示しています。

それによれば、2019年1月~12月の業績は47億1593万円の純損失となったようです。同社は今年1月に経営陣の体制変更を発表していて、創業者でCEOを務めてきた溝口勇児氏が非常勤取締役Founderとなり、南野充則氏が代表に就任しています。また、同時に約50億円を調達しています。

また同時に資本金を53億4883万5000円減資すると明らかにしています。これにより資本金は1億円となり、税務メリットがあるものと見られます。

ちょうど本日、CEOの南野氏がnoteで新体制の報告を綴っています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事