新型コロナウイルス感染症でメディア消費習慣に変化…生活優先順位を反映

Teads Japan株式会社は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)状況下での消費者のメディア視聴習慣を、カテゴリー全体のコンテンツ消費傾向を解析するツール「Teads Media Barometer」を通じて分析し、発表しました。

分析の対象は、3月から4月中旬までの30日間。最も多く読まれた記事や最も急成長したトピックを分析し、オンラインで消費者が興味関心を持ったデータを明らかにしました。

その結果、日本政府(内閣府、経済政策)に関連するコンテンツが62ポイント増加。企業情報と職業(キャリア)は27ポイント増加し、関心の高さがうかがえます。

健康、ダイエットに関連するコンテンツは40ポイント、エクササイズ27ポイント、食事と栄養に関連する健康も10ポイント増加しました。料理に癒しや安堵を求める傾向があり、レシピや食材関連のコンテンツが10ポイント上昇しています。

自粛中のエンターテイメントについての分析では、ビデオゲームのコンテンツが60ポイント増加しています。テック・コンピューターコンテンツは15ポイント増加しました。リサーチ期間中、不要不急の外出を避けることを求められた結果、ホームインテリアへの興味が15ポイント増加。移動手段の一つである自動車コンテンツにも関心が集まり、10ポイントの上昇傾向となっています。

こうした結果から、コロナウイルスが消費者のメディア消費の習慣や行動、デバイスにも変化をもたらしていると考えられます。安全、自己実現ニーズに関連するコンテンツの消費もそれぞれ16ポイントずつ増えており、平均よりも増加傾向が見られました。生活優先順位の変化を反映した結果になったと言えそうです。

2020年1月以降、パブリッシャープラットフォームにて、トラフィックの成長指数が最大62ポイント増加したこともわかっています。

※Teads2020年Media Barometer調べ

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事