朝日新聞社、中小企業の後継者を応援するメディア「ツギノジダイ」をオープン

株式会社朝日新聞社が、中小企業の事業承継や経営改善をテーマにしたウェブメディア「ツギノジダイ」(https://smbiz.asahi.com/)を5月27日(水)にオープンしました。中小企業の後継者不足という社会課題解決に向けて、グロービス経営大学院大学や一般社団法人ベンチャー型事業承継など7団体と協力します。後継ぎ社長を招いたイベントなども開催し、後継者に役立つ情報を発信します。

中小企業はいま、経営者の高齢化が進んでいます。経営者が60歳以上で後継者が決まっていない中小企業は、日本企業の3分の1にあたる127万社に上ると中小企業庁が推計されています。事業が続けられず廃業する企業の半分は黒字とされ、2025年ごろまでに650万人分の雇用が失われる可能性があります。

後継者たちから話を聞くと、「将来の会社の成長が見通せない」、「現経営者と膝をつき合わせて話す機会がなかなか持てない」、「周囲に同じような境遇の同世代がおらず悩みを共有できない」など様々な悩みを抱えていました。会社を継いだ後も、従業員との関係や組織ガバナンス、経営者の個人保証など幅広い課題に直面していました。

そこで、「ツギノジダイ」は「引き継ぐ経営 勝ち抜くヒント」をキャッチフレーズに後継者たちの悩みの解決に役立つ情報を届けます。事業承継や新型コロナウイルス感染症の影響で損失を被っている企業の打開策のヒントになる記事だけでなく、オンライン、オフライン問わずイベントや勉強会を開催して、後継ぎ同士のコミュニティづくりを目指します。後継者不足という社会課題の解決に向けて、後継者を様々な形で支援する団体とパートナーシップを結びます。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事