fbpx

アイティメディアがwithコロナに即した勤務制度「スマートワーク制度」を導入

アイティメディア株式会社は、新たな勤務制度「スマートワーク制度」を7月1日から導入すると発表。部門ごとに設定する週1日の出社日以外、全従業員が自ら働く場所を選択できるようにし、新型コロナウイルスによる環境変化を、デジタル・トランスフォーメーションを加速させる大きな転換点と捉え、従業員が価値発揮を最大化できる「安心・挑戦・主体性」を生み出す環境を整えて行くとしています。

同社はこれまでも、メディア企業にとっての一番の資産は「人」であり、従業員一人一人の成長が、企業価値向上につながるものと考え、従業員が裁量をもって主体的に働き、成長につながる仕事に挑戦できる環境づくりを進めて来たといいます。

これからのwithコロナの時代に、従業員が主体的に働ける環境、安心して働ける環境の整備が必要と考え、「スマートワーク制度」を導入しました。

この精度を通じて、安心して働ける環境のために、従業員とその家族の安心安全、事業継続性の担保、挑戦して進化できる環境のためのDXによる働き方の新様式創出、経営・業務の効率化、主体的に取り組める環境のために働く時間と場所の自己裁量を高め主体性を引き出すことを目指しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

note、学校向け「表現力講座」出前授業を無料提供

メディアプラットフォーム「note」を運営するn...

不透明な時代に団結するメディア人たち【Media Innovation Newsletter】5/16号

新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、メディア企業に大きな打撃を与え、ニューヨーク・タイムズは12月に3万7000の職が失われたと報じました。また、Poynterはコロンビア大学と共同で、どの地域で職が失われたかというマップを公開していますが、全国に広がっている事が分かります。

ソーシャルメディアの最適な投稿時間は? 最新の調査結果が明らかに

米国においてソーシャルメディア・マネジメ...

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事