海外のポップカルチャーを扱う「THE RIVER」編集長、SNSにおける不適切発言で退任

株式会社riverchは、同社メディア「THE RIVER」の編集長中谷直登氏を退任させたことを発表しました。THE RIVERは、「ポップカルチャーで世界を変える」をモットーに、洋画や海外ドラマ、コミック、ゲームなど海外ポップカルチャーの話題専門のWebメディアです。

退任の理由は、中谷氏個人のTwitterアカウントにてTHE RIVERとして受け入れがたい不適切な発言が認められたためでした。THE RIVERおよび株式会社riverchは、いかなる場合も差別的な表現を認めることはないとし、新体制の決定までは、中谷氏を除いたスタッフによる合同編集体制を取り、メディアとしての正しい在り方を模索していくとしています。

中谷氏は、個人のTwitterアカウント上で「正直今どき海外の俳優とかを「イケメン俳優✨」ってキャッキャしてるのオバサンだけだと思うんだよね」(原文まま)とツイートし、直後から多くの批判を受けました。

問題となったツイートについて中谷氏は、「女性の方々、そして弊社運営のWebメディア「THE RIVER」の読者の皆様を裏切り、失望させてしまうものでした。あらゆる立場の人々を陥れ、傷つけてしまいました」と述べた上で、「私が設立しましたWebメディア「THE RIVER」は、『ポップカルチャーで世界を変える』をモットーに、 ポップカルチャーを通じて様々な世界に触れ、楽しみ、学び、世界をより良くすることを使命としていました。出来得る限り公平で、誠実な記事・情報の提供を心がけてきました。しかし、編集長を名乗っていた私自身に、無知、無学や無配慮の性格があったこと、心から情けなく思っています」と謝罪し、同メディア編集長を退任しました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事