Spider Labs、ウェブ広告主向けのアドフラウド対策ツールを提供開始

株式会社Spider Labsが、国内最大級のアドフラウド対策ツール「Spider AF」をウェブ広告主向けに提供開始したことを発表しました。

サービス提供の背景

2019年国内のデジタル広告費は2兆1048億円に上り、テレビを初めて上回り急速に発展を遂げる一方、アドフラウドやブランドセーフティなど広告の品質において多くの課題を抱えています。

Spider AFで検知したアドフラウド被害額は、半年間で約16.7億円となり、国内の被害は何十倍にも及ぶと予測されます。その結果として、デジタル広告の品質および透明性の確保に関するニーズの高まりに対応すべく、今回のサービス提供に至りました。

サービス導入のメリット

本サービスは、従来のSpider AFに加え、ウェブ広告主向けの機能を搭載。アドフラウド対策だけでなく、広告掲載先の品質確保によるブランド毀損リスクを低減させる対策を講じ、アカウントの乗っ取り等の不正行為を検知します。全自動なため運用工数をかけることなく不正行為を排除し、広告予算を無駄にしない広告配信も可能です。

また、Google Adsのサーチ広告やディスプレイ広告では、自動でアラートを出し、不審な配信面、ユーザー、IPをブロックするとしています。

導入企業のコメント

株式会社SmartHRマーケティンググループマネージャー・鈴木良紀氏
「アドフラウドやブランドセーフティーに対する取り組みは広告主の立場において重要な課題と捉えており、今回国内外でアドフラウド対策に実績のあるSpider AFのサービス利用を開始致しました。広告の品質を担保しながら、攻めのプロモーションを実施していきたいと思っております。」

株式会社ユーキャン教育事業部ウェブマーケティング部メディア企画課・石井鈴夏氏
「紙媒体だけではなくデジタルマーケティングを強化する中で、今回Spider AFによるアドフラウド対策の実施を決定致しました。無駄な広告予算を省きつつ、より効率的な広告運用を行っていきたいと考えております。」

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事