スマートフォンでの情報収集、2019年と比較して利用時間は1割増…動画による情報収集が拡大

Glossom株式会社が、スマートフォンユーザーの情報収集動向を時系列に分析する「スマートフォンでの情報収集に関する定点調査」を実施し、その結果を発表しました。調査対象は、全国の10代から70代の男女1,442名です。

SNSやサーチエンジン、メディア、動画サービスの利用率や利用時間など、スマートフォンユーザーの情報収集動向を調査し、2019年と比較したところ、情報接触の時間が増加し、情報収集の方法も大きく変わっている実態が判明しました。

スマートフォンの利用時間は1日平均126.6分、2019年と比較して13.0%増加

情報収集におけるスマートフォンの利用時間は、2019年比で、SNS・サーチエンジン・メディアのいずれも増加し、1日平均利用時間は2019年「112.1分」から2020年「126.6分」と13.0%増加。要因として、SNSの1日平均利用時間が「67.1分」と2019年比で26.9%増加している点が挙げられ、特にYouTube(無料)が2019年「16.0分」から2020年「27.8分」と73.3%増加し、利用時間増をけん引しています。

Instagramの利用率が全年代で平均19.0%増加

SNS利用者の総利用時間は増加傾向を示しましたが、若年層ではSNS利用率が低下しており、10代においては、Facebookが15.0%、Twitterが10.7%低下し、「個人の関係性にもとづく」SNSの利用率低下が特徴的でした。

一方で、YouTubeやTikTok、Instagramの利用率が増加し、なかでもInstagramの利用率は全年代で平均19.0%増加しており、一般的なSNSとして浸透してきていることが明らかになりました。

さらに10代の利用実態を見ると、YouTube利用時間は22.3分増と2倍に増加しており、若年層ほど動画サービスの利用が進んでいることがわかりました。

SNSにおける企業発の情報では女性の「セール」「クーポン」に対する反応が顕著

印象に残る投稿内容を聞くと、「セール」や「クーポン」などのお得情報を挙げたのは女性が多く、10代女性ではいずれも半数以上が印象に残ると回答しました。「ゲームコンテンツ」の情報は、10代男性の回答が58.3%と目立って多く、年代や性別で反応の違いが見られます。

■調査概要

調査対象:日本全国に在住のスマートフォンを所有する10代~70代の男女
回答者数:2020年調査:1.442名、2019年調査:2,060名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2020年調査:2020年6月11日(木)~6月13日(土)
     2019年調査:2019年5月31日(金)~6月3日(月)
標本構成:男性721名、女性721名(10代から70代まで各103人)

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事