コンデナスト・ジャパン、サステナビリティ戦略と連動して国内発行の4誌にFSC認証紙を100%使用

コンデナスト・ジャパンは、「VOGUE JAPAN」「GQ JAPAN」「WIRED」日本版、「VOGUE Wedding」本誌にFSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)認証紙を100%使用して発行し、地球環境に配慮した事業活動を加速していくことを発表しました。

これまでもFSC認証紙を部分的に使用して4誌を発行していましたが、よりサステナブルな事業運営を推進すべく、100%使用することを決定。2020年9月発売号より、各ブランドの本誌発行に使用する用紙をFSC認証紙に切り替えます。

FSC認証紙へは、「VOGUE JAPAN」が9月28日発売の2020年11月号から、「GQ JAPAN」が9月25日発売の2020年11月号から、「WIRED」日本版が9月12日発売のVol.38から移行しており、「VOGUE Wedding」は11月21日発売のVol.17から移行予定です。

同社は、サステナビリティ戦略を2020年5月20日に発表。温室効果ガス排出実質ゼロを目指すパリ協定を20年上回り、2030年までにカーボンニュートラルな事業運営を行うことを目指します。

メディア企業としてのサステナブルな事業運営として、国際認証紙への移行は2021年末まで、2025年までに使い捨てプラスチック梱包の撤廃などを実施。この一環として、メディア業界全体で活用することができるコンテンツ・アセット、「サステナブル・ファッション・グロッサリー(用語集)」のリリース、コンデナスト・ジャパンのオフィス内の自動販売機撤去によるプラスチック利用の削減を実施しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事