fbpx

Nextflixも音声をターゲットに? 最新アプリで映像オフ機能を導入

2020年は音声の年でした。AirPodsに代表されるワイヤレスイヤホンの普及が進み、あらゆる場面でオンライン活動が増加した事で聴いたり喋ったりする事の抵抗感が薄れていきました。在宅勤務によって音声を聞ける場面も増えました。

こうした状況で映像配信のプラットフォームも音声に乗り出しています。YouTubeは音楽を聞くのに最適なYouTube Musicのサブスクリプションを提供し、映像を耳だけで聴く需要を取り込み、音声広告の導入も開始します。そして、SVODの王者、Netflixも映像をオフにして音声だけでコンテンツを楽しむ機能をアプリの最新版から導入する事が明らかになりました。

Android Policeが伝えたところによれば、Netflixの最新版のAndroidアプリにて、「映像オフ」の機能が追加。この機能を使えば映像をオフにして通信量を削減しながら、耳だけで映像コンテンツを楽しむ事が出来ます。オフにしている最中でも、再生スピード変更、早送り、巻き戻しなどの機能が利用できるとのこと。この機能はまずAndroid版に実装され、徐々に全ユーザーにロールアウトされていくとのことです。

映像が無ければ楽しめない作品も多いとは思いますが、環境に応じて映像オフで楽しめる機能はユーザーにとっては便利に使えそうです。

Netflixは既にPresent CompanyWeAreNetflixThe Crown: The Official PodcastNetflix Is A Daily JokeBecause I WatchedInside Joke: Space Forceなどのポッドキャストの制作に乗り出していますが、映像オフの機能が好調ということがあれば、Netflixのプラットフォームの中でもポッドキャストをホストしていくような事も考えられるかもしれません。そうすると、また音声市場が盛り上がっていく事は間違いないでしょう。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事