クッキー規制にどのように対応すれば良いのか? インティメート・マージャー簗島社長

プライバシー保護の強化によるビジネスへの影響と対策についてのウェビナーが12月に開かれ、「Cookie規制で気をつけるべきポイント」と題して株式会社インティメート・マージャーの簗島亮次社長がポストクッキーの代替ソリューションや導入までのロードマップについて解説しました。

株式会社インティメート・マージャー公式HPより

さまざまな領域でデータを使った効率化を目指す

インティメート・マージャーは、「世の中のさまざまな領域における、データを使った効率化」をミッションとして2013年に設立されました。約4.7億のオーディエンスデータと高度な分析技術により、パブリックDMP市場シェアNo.1のデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を提供しています。Sales Tech、Fin TechなどX-Tech領域への事業も展開していて、2019年10月には東証マザーズへの上場を果たしました。

簗島氏は慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科を2010年、首席で卒業し、グリー株式会社に入社、その年には世界最大級の統計アルゴリズムコンテストで第3位になりました。その後、更なるデータ活用ビジネスを志向して、転職を決意、2012年12月に株式会社フリークアウトへ入社しました。そして、半年後、フリークアウトと株式会社Preferred Infrastructureのジョイント・ベンチャーとしてインティメート・マージャーを創業し、代表取締役社長に就任しました。

株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長 簗島亮次 氏

クッキー規制について

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事