fbpx

「みんかぶ」が4月にメディア統合しリブランド…6月には「Kabutan(株探)米国株」の提供開始

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドは、同社が運営する投資家向け情報メディア「みんなの株式」と「みんかぶFX」「みんかぶ投信」「みんなの仮想通貨」「みんかぶ不動産」「みんかぶ保険」の計7媒体を2021年4月25日に統合。資産形成に関連する情報全般を提供する情報メディア「MINKABU」としてリブランドし、同時に資産形成活動を支えるサービス「MINKABU ASSET PLANNER(アセプラ)、「みんかぶプレミアム」より変更)」のサービスを開始することを発表しました。また、同社が運営する国内最大級の株式情報サイト「Kabutan(株探)」の米国株式版「Kabutan(株探)米国株」を2021年6月22日に開始することも発表しています。

「MINKABU」へのリブランドの背景

金融庁が2019年6月に「高齢社会における資産形成に2,000万円必要」と公表したことが話題になって以降、30代を中心に資産形成に対する関心が高まりつつあり、それに対応するメディアとしてみんかぶシリーズメディアは月間約500万人のユーザーに網羅的に金融情報の提供ができることをアピールしています。また、従来の同メディア利用者の7割超は株式情報が目的ですが、株式以外の金融商品情報は各商品の投資家人口に依存しているため、他の金融商品と合わせて分散投資のアプローチでアピールする方がアクセスの拡大が見込まれるとしています。それに加え、「みんなの株式」アクセスの8割が個別銘柄情報に集中し、ほとんどが検索エンジンやブックマークから目的のページに直接流入していることから、上位レイヤのページ構成を資産形成視点に変更しても既存のアクセスを毀損しないと同社は分析しています。

以上を背景として、全7媒体を統合しリブランドすることで、「儲けること」に主眼を置いた投資家層だけでなく、資産を「増やすこと」が必要な20代以上の資産形成層までをターゲットに広げることができるとしています。

リブランド後の「MINKABU」では、広告型モデルの情報メディア「MINKABU」に加え、サブスクリプション型モデルの「MINKABU ASSET PLANNER」を2021年4月25日に開始し、フィー型モデルやコミッション型モデルで展開されるIFAサービス「MINKABU ASSET MANAGEMENT」(仮称)も順次展開していくようです。

新「MINKABU」各メディア

「MINKABU ASSET PLANNER」(旧:みんかぶプレミアム)

「MINKABU」の課金サービス版である「MINKABU ASSET PLANNER」は、資産形成層が運用を管理する上でのデファクトツールとなることを目指し、リブランドと同日の4月25日にブラウザ版リリースを開始、年内にアプリ版を提供開始予定としています。

「MINKABU ASSET MANAGEMENT(アセマネ)」(仮称)

また、同メディアは自己運用が困難な人々向けのサービスとして運用のプロによる資産運用支援を実現するIFAサービス「MINKABU ASSET MANAGEMENT(アセマネ)」(仮称)の展開を目指しています。

「Kabutan(株探)米国株」の提供決定

同社は、月間約400万人(UU数)が利用する国内最大級の株式情報サイト「Kabutan(株探)」の米国株式版「Kabutan(株探)米国版」を6月22日にリリースすることを発表。「Kabutan(株探)米国株」は無料プランのほか、日本株版のプレミアムプラン「Kabutan(株探)Premium」と同様に、速報性や過去データ等の充実等を図るプレミアムプランも提供予定です。日本国内の投資家は、米国株に投資する際に現地の一次資料に直接当たることが困難だったことから、同社独自のAI技術を活用して様々な情報提供が可能としています。

提供プラン

2021年6月22日サービス開始時提供予定コンテンツ

  •  個別銘柄情報
  •  株価注意報
  •  銘柄探検
  •  ニュース
  •  適時開示情報

2021年夏以降に提供予定コンテンツ

  •  大株主情報
  •  投資テーマ情報
提供コンテンツ例:個別銘柄情報(決算情報)
提供コンテンツ例:株価注意報

【株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 概要】
社名:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
所在地:東京都千代田区神田神保町3丁目29番1号
設立:2006年7月7日
代表取締役社長:瓜生 憲
事業内容:メディア事業、ソリューション事業

■ 運営メディア一覧
みんなの株式:https://minkabu.jp/
みんかぶFX:https://fx.minkabu.jp/
みんなの仮想通貨:https://cc.minkabu.jp/
みんかぶ先物:https://fu.minkabu.jp/
みんかぶ投信:https://itf.minkabu.jp/
みんかぶ保険:https://ins.minkabu.jp/
みんかぶ不動産:https://re.minkabu.jp/
Kabutan(株探):https://kabutan.jp/
証券会社比較.tokyo:https://xn--6oqu9e885apimm6t1rg.tokyo/
FX比較.tokyo:https://xn--fx-fk1eu00k.tokyo/
クレカ比較.tokyo:https://xn--lckh7p474tz0vb.tokyo/
Japan REIT.COM※:http://www.japan-reit.com/
JAPAN PRIVATE REIT.COM※:https://www.japan-private-reit.com/
※:Prop Tech plus株式会社による運営

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ワシントン・ポストはなぜ復活できたのか、伝説の編集長の引退【Media Innovation Newsletter】3/7号

今やデジタルのサブスクリプションで300万人の会員を抱え、ニューヨーク・タイムズに次ぐ成功例と目されているワシントン・ポスト。しかし2000年代以降かつての輝きは失われ、数度の希望退職も募られました。

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事