大日本印刷とアドビが協業、コンテンツ制作の業務効率化支援サービスを開発

大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社DNPコミュニケーションデザイン(DCD)は、アドビ株式会社とコンテンツ制作の業務効率化支援サービスの開発で協業することを発表しました。

3社は協業により、企業のデジタル資産の適切な管理などを行うアドビの「Adobe Experience Manager Assets」を活かした業務効率化支援サービスを開発します。マーケティング用の紙メディア、Webメディア、アプリなどに使うテキスト・画像・動画等のアセット(情報資産)を一元管理し、導入企業のコンテンツ制作からPDCA(Plan、Do、Check、Action)の運用などを一貫してサポートします。

協業では、DNPとDCDの強みである各種コンテンツの企画・制作ノウハウとAdobe Experience Manager Assetsの活用ノウハウを掛け合わせ、顧客体験(Customer Experience/CX)を最大化するサービスを開発し、機能開発や実証実験を進めていくとのことです。

サービスの提供開始は、2021年7月を予定。DNPとDCDは、サービスをさまざまなアセットを保有する通信販売企業や小売・流通企業、メーカー等に導入し、2023年度までに関連サービスも含めて50億円の売上を目指します。

協業によるサービス開発の概要

DCDは、Adobe Experience Manager Assetsによる各種アセットの一元管理を導入企業に代わって行い、各種コンテンツの制作をサポートします。複数の部署や協業先にまたがる制作ワークフローを統一し、運用の負荷を軽減。効率的にコンテンツを供給できる運用環境を提供します。

また、AI(人工知能)や機械学習を活用し、パーソナライズしたコンテンツを配信。コンテンツの提供に必要な大量のアセット自体を制作し、管理と運用業務もサポートします。制作したコンテンツや実施したコミュニケーション施策は、PDCAサイクルで効果を分析。改善策を検討します。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事