世界の消費者の半数以上が、コロナ禍以降モバイルストリーミング利用が増加…Adjustが発表

B2B SaaSのグローバル企業であるadjust株式会社(以下、アジャスト)が、世界の主要市場における2020年のストリーミングの利用状況をまとめた「モバイルストリーミングレポート 2021」を発表しました。

調査対象は、日本、米国、英国、ドイツ、トルコ、シンガポール、韓国、及び中国の16歳以上の消費者8,000人です。

ソーシャルディスタンス以降にストリーミングの利用が以前と同等又はそれ以上に増加

本調査の対象8ヵ国の消費者の84%が、ソーシャルディスタンスが始まって以降、それ以前と同等又はそれ以上の量のコンテンツをスマートフォンでストリーミングしていると回答。そのうち52.5%の消費者が、ロックダウン以降、より多くの動画コンテンツをストリーミングしていると回答しました。

具体的には、スマートフォンを使ったストリーミングの頻度が最も高かったのは中国(93.8%)とトルコ(91.9%)で、毎日~週1回の頻度でストリーミングをすると回答しています。その一方で、米国は69.4%、日本は57.2%、英国は45.7%に留まっています。

ユーザーの世代別のストリーミング習慣では、55歳以上でスマートフォンを使って毎日~少なくとも週1回ストリーミングをしているユーザーは、中国では約90%、トルコでは88.9%と高い割合を示しているのに対し、日本の55歳以上のユーザーでは半数以上がストリーミングの使用経験がないと回答しています。

ストリーミング時間は全世代でセッションあたり1時間以上、日本では平均約73分

モバイルストリーミングの最大ユーザーはミレニアル世代で、視聴時間(アプリ滞在時間)が最も長いユーザー層でもあります。視聴時間は平均90分(94.2分)以上で、それに続くZ世代では87.6%となっています。

55歳以上のユーザーは視聴時間が短いと予想されていましたが、結果は平均65分となり、この層でもストリーミングを利用する時間が増えていることがわかりました。

国別では、モバイルストリーミングの視聴時間が最も長かったのは韓国(98.4分)で、トルコ(94分)が続き、日本では約73分という結果でした。

全回答者の76%、日本の67.6%がテレビ視聴中にスマートフォンを使用

本調査では、コネクテッドTV(CTV)の台頭により、番組視聴中に2台目のデバイスを使用する習慣に着目。平均して全回答者の76%以上がテレビ視聴中にスマートフォンを使用していると回答しました。最も顕著なのはシンガポールと中国(どちらも85%)で、米国(83%)がそれらに続きます。日本では67.6%と比較的この傾向が低いことがわかりました。

2台目のデバイスを使う習慣を活用することで、広告主はテレビ広告で行動喚起を促し、QRコードを使ってアプリをダウンロードするなどのアクションをユーザーにモバイルで促すことが可能に。本報告書では、これにより、2台のデバイスを使ってまったく新しい、インタラクティブなブランド体験を提供できると提言しています。

調査の概要
調査機関:Censuswide社
調査対象:日本、米国、英国、ドイツ、トルコ、シンガポール、韓国、及び中国の16歳以上、合計8,000人
調査期間:2020年11月6日~2020年11月10日(英国、ドイツ、トルコ、日本、シンガポール、韓国、中国)、2020年9月23日~9月29日(米国)

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事