fbpx

フォーエム、手軽にWeb Storiesを作成できる「Story Engine」をローンチ

Webパブリッシャー及びAppディベロッパーのメディアパートナー事業を主事業として展開する株式会社フォーエムが、Webパブリッシャーを対象にノーコードWeb Storiesジェネレーター「Story Engine」をローンチしました。同社は、ブランドの生産・EC構築・マーケティング・物流をワンストップで支援するプラットフォームを提供するAnyMind Group株式会社の子会社です。

「Story Engine」開発の背景

2020年9月に起きたベイルート港での爆発の記事が話題になったThe New York Timeのインタラクティブな記事は、情報量が多いものの、ユーザーにとって読み進めやすいデザインになっていました。

このようなインタラクティブな読者体験はWebメディアならではと言えますが、量産ができない、国内におけるWebメディアの記事ページのフォーマットがCMSでテンプレート化されているといった制限を抱えています。

2018年2月にGoogle社が発表したWeb Stories(発表時の名称はAMP Stories)は、AMPを使ってInstagramのStoriesのようなUIを実現する技術です。Web StoriesによってWebメディアは新たなコンテンツの表現方法を獲得しましたが、社内エンジニアの工数不足もあり、運用コストが高くなるというデメリットも。

こうした背景を受け、フォーエムは、今回Webパブリッシャー向けにノーコードで誰でも簡単にWeb Storiesを生できる「Story Engine」を開発し、ローンチしたとのことです。

「Story Engine」の特徴

  • ノーコードWeb Storiesジェネレーター:入力された記事URLをクローリングし、自動でWeb Storiesを生成
  • メディア資産の活用:公開済みのコンテンツを活用し、新しい形でユーザーにコンテンツを提供可能。新たにコンテンツを用意する必要がないため、編集部内の運用コストを削減
  • 継続的なリリース:管理画面にURLを入力するだけでHTMLを作成。エンジニアの工数をかけずに、編集部内でリリース可能
「Stories Engine」の作成画面イメージ。記事URLを入力するだけで簡単・手軽にWeb Storiesが作成可能

料金プランはDemo(無料)、Standard(月額2万円)、Premium(月額5万円)の3種類。Demoプランでは無料でWeb Storiesを作成し、公開まで行うことができるとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事