ヤフー、サービス開始25周年を記念してYahoo!ニュースの過去5年間で関心を集めたトピックスをピックアップ

ヤフー株式会社(以下、Yahoo JAPAN)は1日、1996年のサービス開始から25周年を記念して、同じく25周年を迎える「Yahoo!ニュース」の過去5年間で関心を集めた「Yahoo!ニュース トピックス」の中から25個をピックアップし発表しました。また、2016年4月、Yahoo! JAPANサービス開始20周年時に公開したインターネットの歴史を振り返る絵巻物「History of the Internet ~インターネットの歴史~」を5年分更新し公開しています。

「Yahoo!ニュース」は、Yahoo! JAPANが運営する国内や海外のニュースを閲覧できるサービスです。新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

今回、25周年を記念して、過去5年間で関心を集めた「Yahoo!ニュース トピックス」を25記事ピックアップ。「北海道の不明男児を発見 無事(2016年6月3日)」「「EU離脱」が勝利 英国民投票(2016年6月24日)」「SMAP 12月31日解散を発表(2016年8月14日)」「日産のゴーン会長を逮捕(2018年11月19日)」など様々なジャンルから選ばれる中、5記事が新型コロナウイルス関連記事であり、そのインパクトの大きさがうかがわれます。

「History of the Internet ~インターネットの歴史~」は、2016年4月にYahoo! JAPAN20周年を記念し、1969年から2015年9月までのYahoo! JAPANの歴史をはじめ、国内外のインターネットの歴史をイラスト化し、絵巻の形式で公開されたものです。

1996年からインターネットを利用しているユーザーにはインターネットの歴史を振り返るきっかけに、当時を知らない若い世代のユーザーにはこれまでのインターネットの歴史を知るきっかけになるという考えから提供されたとのことです。

今回、25周年版として2020年12月までの事象を新たに追加。年表イラストに描かれている出来事をクリックまたはタップすると、その出来事の詳細が確認できるとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事