産経新聞社が音声コンテンツ配信へ 第1弾は「メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道」

産経新聞社が音声コンテンツの配信を始めました。第1弾は、同社が長年にわたって取り組んできた「拉致報道」の歴史を回顧した音声ドキュメントで、ニュースサイト「産経ニュース」で、4月19日から配信しています。

音声ドキュメントでは、北朝鮮による日本人拉致事件について、横田めぐみさん拉致を報じた同紙の視点で、これまでの報道を再検証しており、「拉致は、どのような経緯で発覚したのか」「なぜ拉致が、政府やメディアから無視されてきたのか」を、「北朝鮮による重大な主権侵害、人権侵害である拉致事件を風化させない」という意図の下、制作しています。 

音声ドキュメント:北朝鮮拉致報道」(全10話)

原作は、1980年に北朝鮮が「アベック」を拉致していた事実を報じ、1997年に横田めぐみさん拉致をスクープした元産経新聞社会部記者、阿部雅美氏の著書「メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道」(2018年、産経新聞出版)で、原作を抜粋の上、再構成しています。1話あたり約10分で、若手噺家・柳亭市好(りゅうてい・いちこう)さんがナレーションしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事