fbpx

GMOメディア、日本ディープラーニング協会が提供する「AIリテラシー講座」を全パートナーの研修に導入

GMOインターネットグループGMOメディア株式会社が、技術者に限定せず、全パートナーを対象として、一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下、JDLA)が提供するビジネスパーソン向けAI/ディープラーニング講座「AI For Everyone(すべての人のためのAIリテラシー講座)」を研修として導入しました。

AIがデータ分析から画像・音声認識までの幅広い分野で実用化され活用が広がっていることから、GMOメディアは今後、エンジニアだけでなく社会人が業務を行う上で必須のリテラシーとなると予測。AI時代の到来に対応し、提供するサービスを向上させるため、JDLAが提供する「AI For Everyone」を社内の研修に導入することを決定しました。

「AI For Everyone」とは、AI/ディープラーニングについてまず「知る」ための無料エントリー講座です。理系文系、肩書や職種を問わず、全てのビジネスパーソンを対象とする講座で、受講を希望する同社パートナーは誰でも「AI for Everyone」の『Coursera修了証付きコース』を費用負担なく受講可能とのことです。

JDLA理事長・松尾豊氏(東京大学教授)は、社会全体でDXが加速し、それを推進するための人材育成が急務になっていると指摘。「人工知能、ディープラーニングは、DXにおいて重要な技術であり、さまざまな産業や業務で従来考えられなかった自動化を実現し、デジタル社会における新しい付加価値を生み出す」とし、「こうした技術に関するリテラシーの習得を企業内での人材育成や研修の一環として取り組むことは大変素晴らしいことだと思います」と述べています。

GMOメディアは今後、全パートナーに対し、JDLAが主催するディープラーニングを事業活用する能力や知識を認定する「ジェネラリスト検定(G検定)」やディープラーニングを実装する能力を認定する「エンジニア資格(E資格)」の取得も支援していくとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ニュースよりポッドキャストに支払う意向の若者たち【Media Innovation Newsletter】6/13号

ポッドキャストへの注目が高まるばかりですが、これまで主流だった広告モデルに加えて、有料のユーザー課金モデルも立ち上がっていきそうな気配です。

お知らせ

関連記事