GMOアドマーケティング、広告配信プラットフォームでインティメート・マージャーの共通IDと連携を開始・・・ポストクッキー時代に向け

GMOインターネットグループに属し、アドテクノロジー事業やメディア事業を手掛けるGMOアドマーケティング株式会社は、同社が手掛ける広告配信プラットフォーム「ReeMo(リーモ) byGMO」が、株式会社インティメート・マージャーが提供する共通IDソリューション「IM Universal Identifier」と連携したことを発表しました

インティメート・マージャーは、広告ターゲティング技術に対する規制に対応するべく、ポストCookie領域のサービスの導入・開発を継続的に行ってきました。今回の両社の連携により、「ReeMo byGMO」の利用者は、現在ユーザーのプライバシー保護の観点から規制が設けられているサードパーティーCookieを利用することなく、ユーザーへ精度の高い広告配信を行うことが可能になります。

なお、GMOアドマーケティングは、メディア向けサービス「GMO SSP」で既に「IM Universal Identifier」との連携を完了しており、広告主/メディアの両サイドで共通IDソリューションを提供することとなるため、効率の良い運営が可能とのことです。

GMOアドマーケティングは、今後もコンテキストターゲティングの精度向上やGoogleの代替ソリューションFLoCへの対応など、ポストクッキー時代での広告効果、収益性を追求するとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事