インプレスHD、イカロス出版を完全子会社化へ・・・月刊誌「エアライン」など高い専門性

株式会社インプレスホールディングスは、イカロス出版株式会社の全株式を取得し、完全子会社化すると発表しました。

インプレスグループは、パソコン解説書『できるシリーズ』(株式会社インプレス発行)や月刊誌『山と渓谷』(株式会社山と溪谷社発行)など、出版を中核事業の一つとしており、専門性の高いコンテンツによる競争力強化と隣接分野の拡大を基本戦略としています。

イカロス出版は、月刊誌「エアライン」など、航空関連を軸に40年の歴史を持ち、陸海空、旅行、防災の各分野で専門性の高いコンテンツを提供しており、ブランド力、専門コンテンツ力が今後の事業展開に非常に有効であると判断し、今回の子会社化を決めたとしています。

今後は、イカロス出版の企画編集力にインプレスグループ内のリソースを効果的に活用してメディアミックスを展開し、ファンコミュニティの構築、電子出版、ウェブサービスや法人向け事業などの開発に取り組んでいくとしています。

取得価額は13億6950万円、株式譲渡実行日は8月2日です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,397フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事