インプレスホールディングス、出版子会社3社で人員削減

・子会社3社で人員削減決議 ・セカンドキャリア支援制度導入 ・特別損失130~160百万円計上見込み

メディア デジタルメディア

11月28日、インプレスホールディングスは、取締役会において、連結子会社である株式会社エムディエヌコーポレーション、イカロス出版株式会社、株式会社天夢人における人員削減等の合理化を決議したことを発表しました。

新型コロナ感染症を契機とした市場成長の停滞、出版事業の市場環境悪化、広告及びイベント収入の減少等、厳しい事業環境が続いています。これらの状況を受け、3社は早期の収益改善を目的に、事業構造改革の一環として「セカンドキャリア支援制度」を実施することを決定しました。

この制度は、45歳以上の正社員を対象に、2023年11月29日から2023年12月14日までの期間で希望退職者を募集します。退職予定日は2024年1月31日で、所定の社内規程に基づく退職金に加え、割増退職金を支給します。また、50歳以上の希望者に対しては再就職支援会社を通じた再就職支援を行います。

この制度の実施に伴い、特別退職一時金及び再就職支援に係る費用として、合計額130百万円~160百万円を2024年3月期第3四半期に特別損失として計上する見込みです。特別損失の額は、応募者数及び特別退職一時金の総額等の確定前並びに監査前の概算値であり、最終的な数字は変動する可能性があります。

業績予想修正の必要性及び公表すべき事項が生じた場合には、速やかに開示するとのことです。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集