朝日メディアインターナショナルがAI校正・校閲ソリューション『AI editor』の導入検証を開始・・・出版書籍の校正・校閲の業務効率化を実現

朝日メディアインターナショナル株式会社が、出版書籍の校正・校閲業務の支援ツールとして、AIを活用した自動文章校正・校閲ソリューション『AI editor』の導入検証を開始したと発表しました。

『AI editor』は、AI・機械学習に精通した技術者集団である株式会社ミラセンシズが提供する、最先端のAI・機械学習技術を活用した文章校正・校閲ソリューションです。最新鋭のディープラーニング技術が組み込まれた独自開発のテキスト解析エンジンによって、文章校正・校閲にかかる時間が短縮されるといいます。

『AI editor』には、助詞や漢字の誤字脱字や送り仮名による表記揺れチェックのほか、同一原稿内での不一致単語(表記揺れ)検出機能や、商標、差別語・不快語などに標準対応した校正・校閲ルール違反検出機能も搭載。また、オリジナルの校正・校閲ルールを作成・登録できるため、企業の独自ルールやメディアごと商品ごとのルールなど、対象に合わせて細かくチェックすることが可能だといいます。画像のチェックや曖昧な単語の検出も可能です。

朝日メディアインターナショナルは、出版および印刷に関する企画・デザイン・制作・編集を行う企業です。出版物の文章校正・校閲にかかる業務コストや専門知識の属人化に係る課題を解決するため、業務生産性の向上と専門知識の集約を目的に『AI editor』の導入検証を実施すると決定。今後は検証のフィードバックをもとに、業務現場に即した機能開発も視野に入れて、プロダクトの機能拡充を進めるとのことです。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,389フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事