CINRA、「社会課題×芸術文化」を軸にメディアブランドを統合・リニューアル

CINRA,Inc.が、カルチャーウェブメディアとして運営してきた『CINRA.NET』と、これまでに展開していた自社メディアを統合し、1つのメディアブランドとしてフルリニューアルしたと発表しました。あわせてメディアロゴと企業ロゴも統合してリニューアルしています。

リニューアルの背景

これまでCINRAは、「想像力であらゆる分断がつながり、誰もが他者に寛容で、希望を持てる世界」をビジョンに掲げ、様々なメディアやイベント活動を通じて芸術文化の豊かさを媒介してきたといいます。

しかし、昨今、社会の分断や、相容れない人々への無理解、不寛容など個人や社会の問題が噴出。同時に、これらの問題や気候変動、ジェンダー、経済格差、人種差別など、様々な課題の解決を目指す活動が、SDGsをはじめ世界中で立ち上がっています。

同社はこうした時代の流れを受け、今回のリニューアルに至ったとのことです。

リニューアルコンセプトは「クリエイティブな意思を、他者に届ける」。同社は、社会の問題を解決し、社会を更新してきたのは「人間のクリエイティブな意思」だと考え、今後、世界をよりよい場所にしたい、人生をよりよく生きたいという、あらゆる表現者の「クリエイティブな意思」を届けていくとのことです。

リニューアル第一弾特集は『Habitable World──これからの「文化的な生活」』

新ブランドにおいて中心的な役割を担う「Special Feature」におけるリニューアル第一弾は、『Habitable World──これからの「文化的な生活」』。特集では、食生活、ファッション、消費社会、社会運動など、さまざまな切り口から、これからの「文化的な生活」のあり方を考えています。

「グリーンカンパニー」制度を創設

クリエイティブ業界の求人情報サービスとして展開していた『CINRA.JOB』も、新メディアブランド内に統合されリニューアルしました。これに際し、これからの時代にふさわしい企業の魅力を9つの項目に定義し、いずれかの項目に自社が該当しているかを求人企業の従業員が評価する認証制度「グリーンカンパニー」を創設しています。

「グリーンカンパニー」制度の9つの項目

メディアロゴ、コーポレートロゴを統合して一新

今回のリニューアルで、企業ロゴおよびメディアロゴも統合し、一新されました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事